院長先生の豆知識 Vol.2

虫歯になりにくい歯を作るすべを皆様へお伝えしていこうと思います。

第2弾は、ブラッシング方法をお伝えします!


★スクラッピング法とは・・・

①歯ブラシを歯に対して90度の垂直になるように当て、毛先を歯肉と歯の境目に向けて軽く押し付けます。( 力を入れる必要はありません )

②次に、歯ブラシの毛先が動かないよう小刻みに振動させるように磨いていきます。( 動かす幅が大きすぎると横磨きになるので注意してください )

③持ち方としては、前回のVol.1でお伝えした「ペングリップ」がもっとも最適です。

④歯を1本~2本を10回以上小刻みに動かして磨いていきます。( 磨く力は100g~200g程度)



★バス方とは・・・

①歯ブラシの毛先を歯に対して45度の角度で当てます。

②歯ブラシの毛先を歯と歯茎の間の歯周ポケットに入れます。

③こちらもスクラッピング法と同様に、小刻みに振動させるようにして磨いていきます。( 力の入れすぎや動かす幅が大きいと歯茎を傷つける原因となります )

④歯を1本ずつ丁寧に磨くことで、歯と歯茎の歯垢を除去し歯茎のマッサージにもなります。


以上2つの方法を今日からの歯磨きで実践し、虫歯のない歯を目指して頑張りましょう!!



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索